ダイビングコラム

たとえばこんなスポットが

初心者がダイビングスポットを選ぶ場合、通常、お店が主催している体験ダイビングや、Cカード取得ツアー等に参加する、という形で選択することになると思います。
ダイビングショップには、それぞれ一押しにしているエリア、といったものがあり、それらのエリアには精通している場合が多いですから、お店からのアドバイスは、ぜひ参考にすべきと思います。
なお、日本各地には、代表的なダイビングスポット、といった場所があり、それらはそれぞれ異なる特徴やよさを持っています。いくつかご紹介してみましょう。

伊豆半島エリア

大瀬崎/安定した海、という意味では、ベストスポットと言えるかもしれません。年間10万人近いダイバーが訪れている、というだけでも、その人気の高さが伺えるというものです。


紀伊半島エリア

串本/ウミガメとの出逢いを求めるなら、ココ。サンゴの群生、黒潮による豊富な回遊魚等、ダイバーを惹きつけてやまないダイビングスポットです。

日本海沿岸エリア

越前/日本海側屈指のダイビングポイント。冬は海も荒れ気味になりますが、夏場は安定的。こちらも潮流の関係から季節ごとに違った魚との出会いがあり、決してダイバーを飽きさせません。 周辺の景観のすばらしさも、特筆すべき要素でしょう。


他にも、全国各地にこういったスポットは多数あるので、興味がある方は、ぜひ、いろいろ調べてみて下さい。ダイビングスポット探しも、とても楽しいものです。
ちなみに、初心者がひとつだけおさえておきたいポイントは、「海の安定性」。天候、地形、潮流といった影響をあまり受けず、海が比較的安定しているスポットであることは、大切な要素のひとつと言えるでしょう。