ダイビングの楽しみ方

水中での撮影

憧れのダイビング。せっかくですから、いい写真をいっぱい撮って、いい思い出を残したいもの。でも、水中撮影には、ちょっとしたコツも必要になるのです。
コツと言っても、そんなに難しいことではありません。まずは基本的なポイントを、しっかりおさえましょう。

撮影姿勢について

スポーツ等でも言えることですが、姿勢、というのは基本中の基本です。特に、水中撮影の場合、ただでさえ陸上より身体は不安定な状態なのですから、撮影姿勢はとても重要なのです。
まずは、サンゴがある場所を避けて、ゆっくり海底に着底する。これで、安定を確保します。次に、ゴルフではありませんが、脇を締めて、カメラは両手でしっかり持つこと。そうです。脇が甘かったり、カメラのホールドがいいかげんだと、 手振れが発生しやすく、「軸」が一定にならないからです。
そして最後に、息を整えて、基本的には、待ちの姿勢で臨みましょう。魚の動きに追随するような形で撮影しようとしても、なかなかいいシャッターチャンスはつかめません。 落ち着いて待ち受けて、ベストチャンスを待ちましょう。


ワンポイントテクニック

次に、ちょっとした小技をお話しておきましょう。まず、イキイキとしたお魚の写真を撮影するのなら、被写体の表情をしっかりおさえたいところ。
え?魚に、表情?とおっしゃるかもしれませんが、 魚の目にピントを合わせてみて下さい。のんびりしているのか、それともどこかへ行こうとしているのか?何となく、伝わってくるものです。魚の視線をしっかりつかまえることにより、より、生きた写真になることでしょう。ポイントは、視線です。
最後に、ひとつだけアドバイス。シャッターを切るときは、呼吸を整えて、息を吐くタイミングに合わせた方がよいでしょう。エア持ちの観点・安全の両面からして、 できるだけ、息は、吐き気味のときにシャッターを切る習慣をつけておくようにしましょう。


いかがてすか?いくつかポイントを挙げさせて頂きましたが、これらのポイントをきちんとおさえておくだけで、ベストショットの可能性は格段に高まるはず。ぜひ、あなただけのステキな水中撮影に、チャレンジしてみて下さい。