ダイビングを始めるには

ダイビングの種類

ダイビングにチャレンジしたい!心に決めたら、脇目もふらずに一目散にショップへ直行!そんなアクティブな方法も悪くはありませんが、でも、ショップを訪れるその前に、少しだけ基礎知識を身に付けておけば、お店での説明もより理解しやすいというものです。
まずは、ダイビングの種類から、お話ししてみましょう。ひとくちにダイビングと言っても、いくつか種類があるのです。

体験ダイビング

初心者の方は、まずはここから入るのが一般的だと思われます。文字通り、体験、という言葉通り、基本的にダイビングが初めてといった方を対象に、インストラクターがついて、ダイビングを体験してみましょう、というプログラムです。
もちろん、体験ですから、水深に条件はあるものの、実際に海中でダイビングする、という意味においては、全く変わりません。ダイビングショップが主催しているケースが多いので、気軽に相談できます。


ファンダイビング

レクリエーショナルダイビング、ともいいます。いわゆる、一般的に楽しまれているダイビングです。ただし、海の中を安全に楽しむには、それなりの知識なり、ルールが必要になります。
そのために、ダイビングには、きちんとした資格制度があります。詳しくは、そちらの項目をご覧いただきたいのですが、この資格を取得しないと、ファンダイビングを楽しむことはできません。

シュノーケリング

ダイビングの、簡単版、といったところでしょうか。大掛かりな装備を必要とせず、マスク・フィン・シュノーケルといった身軽な装備で気軽に海中観察を楽しめます。
初めてマリンスポーツに触れるお子さんなどは、この、シュノーケリングから入るとよいかもしれません。