ダイビングを始めるには

ダイビンググッズを揃えよう

ダイビングの資格に関する基礎知識を得たら、いよいよ、ダイビングショップへ。そうです。いよいよ、ダイビンググッズを揃るわけです。
でも、これについても、事前に少しだけ基礎知識をつけておきましょう。代表的なグッズの知識さえ持っていれば、お店のスタッフからの用語の説明も、納得、です。

ダイビング・スーツ

ウエットスーツとドライスーツがあります。ドライスーツは、水温の低いときに着用するスーツです。


重機材

ズバリ、水中での、生命維持装置です。浮力調節のためのBC・水中呼吸のためのレギュレーター・オクトパス(予備レギュレーター)・深度などを計るゲージ・ダイブコンピューターといった一連の機器・装備で構成されます。

軽機材

マスク・シュノーケル・フィン・グローブ・ブーツなど、身の回りのグッズ類です。


いずれの場合も、大切なのは、自分に合った使い勝手のよいものを、お店の方のアドバイスを受けながら、慎重に選ぶことです。
海の中は、本来人間が生息できる環境ではありません。そんな中で活動できるようにしてくれるこれらのグッズ類は、ある意味、あなたのいのちを守ってくれる、いのち綱のようなもの。
ぜひ、自分にフィットして長く使える装備をそろえて、安全で楽しいダイブライフをおくりましょう。自分に合った装備というのは、気持ちの面でも、不快感を抱きにくいもの。
精神面での安定感、安心感は、ダイビングにとって大切なことなのです。