ダイビングを始めるには

ダイビングスポットへ

いよいよダイビングデビュー当日。でも、快適なダイビングを満喫するために、事前に少しだけ心がけておきたいことがあります。せっかくの記念の一日なのですから、最初から最後まで、いい思い出を作りたいもの。
心がける、といっても、別に難しいことではありません。前日からのほんの少しの配慮で、すてきな一日になるはずです。

前日は十分に睡眠をとりましょう

寝不足は、いけません。これについては、特別理由は要りませんね。また、前夜のお酒はできれば控えた方がよいでしょう。くれぐれも、二日酔で頭ガンガン、などということが無いように。これでは台無しです。


当日の朝食は、早めに摂りましょう

ダイビングスポットまで、ボートを使って行くような場合、ひとつ大敵があります。それは、船酔いです。
もちろん、当日の波の状態や使用する船舶によってもかなり違いはあるのですが、 とにかく、船酔いを誘発しそうな要素は極力シャットアウトしておくこと。前項の寝不足やお酒もそうなのですが、食事をした直後に大揺れに遇ったりしますと、とかく船酔いを引き起こしやすいものです。
かといって、朝食を抜く、というのもまたあまりよくありません。少し早めの朝食を軽く摂られるぐらいが、ちょうどよいかもしれません。

船酔いしやすい方は、酔い止め薬を持参しましょう

経験的に「自分は、船酔いには弱いかも」と思われている方は、忘れずに、自分に合った酔い止め薬を持参しましょう。


このほかにも、ダイビングスポットへ向かう船内では、できるだけ視線を遠くにとる、目を閉じている、などといった方法も、有効なようです。 いずれにしても、良い体調あってこその快適なダイビング、です。前日から体調管理に注意して、万全なコンディションでダイビングに臨みましょう。