未分類

和食を習って今よりもっと料理が上手に!今すぐ活かせる基礎

投稿日:2019年4月22日 更新日:

和食を習って今よりもっと料理が上手に!今すぐ活かせる基礎

ひたしものを作るやり方は好き好きでしょう。しかし、オーソドックスな調理法も再確認してみて下さい。みりんの他に醤油、さらにだしと言った素材と和えて頂くのが正統な料理の仕方とされますが、他にシンプルにしょうゆにつけるのみで仕上げる浸しものを作るのもポピュラーなようです。野菜で拵えた一夜漬けも、毎日でもテーブルへ供してあげたいものでしょう。当座漬けを自家製にする際に注意する塩の量については、野菜を基準にだいたい2~3パーセントを心がけましょう。塩のみで作るのも大丈夫と言えますが、せっかくなので唐辛子或いは昆布、ショウガなどを添えて漬けると趣のある味わいと旨味がでます。高い食事だけでなく自宅での料理にまで、多くの美味しい和食に必ずと言っていいほど肝になる出汁が活用されているものです。何かと忙しい人はともすればファストフードの類を摂りがちですが、時折丁寧に手間ひまが掛かったご飯も頂きたいものですね。

日本料理から学べばよりクッキングが上手に。すぐに使える豆知識

魚を料理する時の調理のやり方でよくある霜降り作りと呼ばれる方法がはっきりとはわからずに作れないというケースは存外に多い事でしょう。いったい何故必要とされるのか、どの様に作業すればきれいに仕上がるのか、この部分が分かるとすんなり納得出来るのではないでしょうか。おみおつけは出汁次第で左右されるとされる通り、実際に自宅で作った出汁と比較すれば既製品と異なるのが歴然とするのではないでしょうか。かつおぶし・煮干といった自然素材のだし汁をどんどん活用してみることで、オリジナルと言えるおふくろの味を生みだせます。おひたしのオーソドックスな緑黄色野菜を挙げると茄子・ホウレンソウですが、思わぬ食材が適している事もあります。例を出すとカブの葉やアスパラガス、またはブロッコリー等もぴったりな素材なので、ごはんのラインナップを多くするには勝手の良いジャンルでしょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

何がよいの。生保について調べよう

何がよいの。生保について調べよう 生保業者からくる勧誘は不得手、という人にネットを利用した比較がおススメです。最初に興味がある会社のオフィシャルページをのぞいてみてください。商品の比較ページを使って各 …

no image

和風料理を知れば今よりもっと料理が上手に。今日から使える基礎知識

和風料理を知れば今よりもっと料理が上手に。今日から使える基礎知識 魚を料理する時の作成手順でよくある霜降り造りと呼ばれる方法を知らないという人も存外に多いようです。もともと何故それをするのか、どこから …

no image

むだ毛で悩んでいます!皆の解決法教えて

むだ毛で悩んでいます!皆の解決法教えて 少しムダ毛が増えた気がするので脱毛しようかと考えてます。実際に脱毛をしてる友達がいてサロンを推してくるのですけど、対費用効果等ぐるぐると心配して躊躇しています。 …

no image

奥さまの職場探しとは?正規社員を希望するならココをチェック

奥さまの職場探しとは?正規社員を希望するならココをチェック 我が子が生まれて以降は専業主婦をしていたけれどそろそろ正規雇用として働き、こう考える人は増加傾向にあると言われます。嵩みがちで大変な生活費や …